©2019 by U3✳︎Labo

Miri

ミリはマレーシア・ボルネオ島北東部サラワク州に属する海沿いに位置する街です。サラワク州では州都のクチンに次ぐ第二の都市で、オイルと木材輸出産業と共に発展してきました。サラワク州の観光地の中で最も人気があり、グヌンムル・ナショナルパークとニア・ナショナルパークの玄関口としても有名です。そして、ミリを訪れたら是非足を運んでいただきたいのが、カナダヒルです。ここは、ミリ1番のビューポイントで街を一望でき、特にサンセットはとても美しく、ローカルの人も多く訪れます。

ダイビングにおいても、海沿いのミリは最適です。ビギナーから世界の有名な海を潜ったダイバーまで楽しめます。水深は7m〜40m、透明度は10m〜30m程。サンゴ礁やそこに生息する海洋生物の種類の多さはこのエリアでも特に優れており、サンゴ礁には800種類以上のソフトコーラルとハードコーラルが群生しています。ウミウシは40種類を超える種類が目撃され、アカエイやカメ、シーズンによってはジンベエサメがダイバーの側を横切ることも。

そして、近年発見されたダイブサイト「ミリ/シブチ・コーラルリーフナショナルパーク」はまだ有名ではありませんが、手づかずの海はボルネオ島の中でも最高と呼ぶに匹敵する眩しいほどのサンゴ礁と様々な海の生き物がいます。

日本ではあまり馴染みのないミリですが、一度訪れたらきっとまた訪れたくなる場所です。

そんな大自然溢れるボルネオ島へご案内いたします。